好きなことを見つける!

どうも、キッシーです!

面倒くさがり+飽き性の私なんで久々の更新ですが

1/27にとても面白い集まりがあったので参加してきました!

 

 

それは・・・

 

 

これは私の所属しているFree PT salonの運営者吉田さん

講師に脳内アーティストの稲沼さんをお呼びしてトークセッションをするという企画

 

普段参加するリハビリ関係とは全く違うジャンルで活動している方のセミナーはとても新鮮でした(^▽^)

参加してのまとめや感じたことをお伝えしていきます♪

 

そもそも稲沼さんって誰?

脳内アーティストってなんだよ!

ってなってる方もいるかもしれませんが、なかなかクレイジーな人です(笑)

講義中の稲沼さん~吉田さんのfacebook投稿を使用~

基本的にはデザイナー講師をされていますが

この人の思いついてからの行動力が凄すぎます(笑)

 

やっている事は無茶苦茶とは思いますが、軸をある程度もって行動していますね

ここに詳しく稲沼さんの経歴が記載されているのでどうぞ!

 

 

 アイデアの出し方

趣味ないなぁ~、休日はいつも暇だなぁ~

とダラダラしている事はありませんか?

 

それに、仕事や日常生活で何かしら企画や計画を立てたりする事が必ずどこかであると思います。

 

色んな事を企画して実行する稲沼さんの話によると…

 

何かを思いつくのは基本的に「余白があるか!ないか!」

余白とは何もしない、何も考えないという時間を作ること

私たち日本人は勤勉で常に何かに追われていることが多いし、

それが組織に従事してたら目の前の事に追われて余裕がないので尚更。

 

講義中、5分間の瞑想をするという流れになり、実際にやってみると…

 

物凄く時間が長く感じるやんけ!(笑)

 

途中、私は長く感じて寝落ちしそうでした(*´∀`*)

 

そう感じるってことは普段からあまり余裕がないのかなぁ~と認識…

でも、その余白があるからこそ

容量オーバーになっている頭の中が整理できて

考えた事のないアイデアが思いついたり、悩んでたことが解決するんですね!

 

ちなみにAppleのスティーブ・ジョブスは禅を学び

瞑想をする習慣があったそうです。(他にビル・ゲイツ、イチローなど)

 

懇親会で稲沼さんに

「あえて一人になる時間は作っていますか?」

「book cafeで本を読みながらゆっくり過ごす時に、ふとアイデアが浮かんだりするんですけど、それも余白が作れてるってことですか?」

と質問をしてみると

 

「一人になる時間もあるけど、基本的に寂しくなるから何かをする時は誰かとが多いかな」

「余白の作り方はなんでも良いと思う、でもその様な感じで本を読む時は内容を覚えようとせず、自分が何の本を読んだか、読んでてどんな事を考えたかなど、自身の行動と思考を記録する方が良いよ」

 

なるほど…

 

自分の解釈ではアイデアの出し方は人それぞれだし、無意識に感じたことを記録しておく事でアイデアの素材にもなる。

余白の作り方に型はないことを理解しました。

 

 

 好き=likeって?

これは私もそうですが、みんな悩むことが絶対に1回はある問題じゃないですか?

 

この話を聞いた時に、好きという言葉に対しての考え方が少し変わりました。

 

好きは確定でなく、仮決定である。 

by稲沼語録

 

確かに…
絶対にこれが好き!というものはなく、曖昧な存在なんだなと気づきました。

だって、これが上手いから好きという訳ではなく、仕事とは全く違う事が好きであったり、その時の気分で好きなものが変わったりしませんか?

 

要は気分のリズムに乗れるかどうか?リズムに乗れることが出来れば好きな事は続けられるし、乗れない時は好きになれない。

だから好きな事を仕事にするっていうのは簡単に見つけるのは難しいんですよね…

だって全く興味のなかった事が天職だったって事もあるんですから。

 

興味のある事はとりあえずやってみて合うか合わないかは
その後に決めれば良いと思います。

 

そんなもん、家族がいるのに自分勝手な事なんて出来るか!
という意見もあると思います。

それはそれで良いと思います。

 

だって家族が大切に思うから今の仕事を頑張らんと!っていうのはおかしい事ではないと私は思うので(o^―^o)

ただ、仕事に関係なく何でも良いので好きな事を見つけた方が自分の生活に変化は出るはずと思ってます!

 

その為に、先ほどの「余白を作る」時間を皆さんには作って欲しいです。
余白を作って、頭の中を掃除しましょう♪

 

 

横の繋がりの良さ

あまり、全部の内容を言ってしまうとただのコピペになっちゃうので少し別の話を…

 

今回のセミナーに参加して、同じsalonメンバーである
愛媛のカラダ専門家:薬師寺さん
和歌山の超アクティブ学生:小倉くん
兵庫で研究の道に行く学生:八鍬くん
そして私を含めた4人を筆頭に関西salonプロジェクトを立ち上げる予定です。

(上の二人もブログしているのでこちらへどうぞ♪)

手前が小倉くん、奥が薬師寺さん~

 

活動内容は具体的には決めていませんが(笑)

 

オンラインセミナーで関東盛り上がってるし、関西もやってみたら面白そうちゃう?
この一言がきっかけでした。

※運営者の吉田さんからこんなデザインを作ってもらったのを使用

Salonは上下関係なく(勿論、タメ口じゃなくて大人の付き合いですが)、みな対等に話をします。

気になる事や思ったことはコメントをするので、変な思考の抑制がかからないんですよ(^▽^)

 

これが、怖い上司や偉い先生の前だと萎縮して言いたい事も言えない…
それにその人の考えが正しいと判断し、変な固定観念が生まれるんですよね…

 

上下関係が悪い!という訳ではなくて、軌道修正をしてくれたり、経験に基づくアドバイスをくれたりと良い部分もあります。

でも、それに依存し過ぎない方が良いというのが私の考えです。

 

よこの繋がりを持っておくことで、仕事の幅が広がるし、面白い事が起きるかもしれない…

 

何よりも視野が広がって個性が生まれる!

 

それがよこの繋がりの良さだと思ってます。

※吉田さんのfacebookで投稿した写真を使用

 

 

最後に

後半はただ思っている事を書いて自己満足してしまっている部分もありますが…(笑)

 

今回のセミナーでも初対面の人が多くて、一人行動が好きで人見知りな自分にとっては苦手な事もありますが

皆さん仕事柄もあって気さくで話しやすかったです。

 

人間、強く願えばチャンスは振り向いてくれるもんだなと最近思います。

長々とお付き合い頂きありがとうございました。

今日はこれで( ´Д`)ノ~バイバイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください