ピラティスすげぇ~

どうも!6月末にピラティスの体験も兼ねて有名な先生が講師をして下さるという事でセミナーに参加してきました(^▽^)/

 

最近は色んなエクササイズを耳にしますが、「ピラティス」とは何か?

を今回お伝えしようと思います!

 

 

ピラティスって?

このエクササイズの創始者「ジョセフ・H・ピラティス」さんの名前から来ています。

負傷した兵士を回復させるためのリハビリ目的に作られたものです。

 

つまり、理学療法士の私にとっては導入しやすいメソッドなんですよ♪(^▽^)

 

創始者ピラティスさんが残した言葉にこんなものがあります。

「アスピリンを飲んだことないし、ケガをした日は1日だってない。世界中が私のエクササイズを行えば、もっと幸せな毎日が送れるはずだ。」

「10回やれば違いを感じ、20回やれば違いが目に見え、30回やれば全く別の体に生まれ変わるでしょう」

ここまで自信を持って発言できるほど、ピラティスは素晴らしいメソッドなんです。

 

ピラティスとヨガの違い

最近、ヨガが世間では人気ですがピラティスとは考え方や運動方法が全く違います。

今回、分かりやすいように表にしてみました!

 

こう見ると全く違う事が分かりますかね?

どちらも素晴らしいメソッドですが、個人的な意見としてはリハビリ目的に考案されたピラティスの方が身体を鍛えるのには良いなと思います。

 

ピラティスに用いられる器具

【大型器具】

①リフォーマー

②キャデラック

③ワンダチェア

④スパインコレクター

【小型器具】

⑤フィットネスサークル

⑥バランスボール

⑦ピラティスマット

⑧フレックスバンド

など様々な種類があります。

道具の一部の写真や説明されたサイトがあるので、ぜひ参考にして下さいね♪

https://pilates-happiness1106.jimdo.com/%E3%83%94%E3%83%A9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E5%B0%82%E7%94%A8%E5%99%A8%E5%85%B7/

 

ピラティスを実施している様子

先ほども説明しましたが、ピラティスには器具を使わないパターンと使うパターンがあるのでエクササイズの様子を載せておきますね(^▽^)/

 

【器具を使わないピラティス】

 

【器具を使うピラティス】

 

トレーニングの方法は全く違いますが、どの方法もコア(体幹)を意識した運動をする事がピラティスです。

さらに、ただコアを意識して運動するのではなく

動きの学習」をさせる事で体の使い方を学び

自身の体に変化をもたらすことが出来ます!

 

身体の変化

1枚目がピラティスする前、2枚目がピラティスをした後です。

何となく分かりますかね?(笑)

専門的に言うと、一枚目は頭が少し前に突出して、お腹も前に突出してます。

この2点が少し改善されているのが、2枚目です!

 

分かりにくいかと思いますが、体験してみると体の変化を感じる事が出来るので、騙されたと思ってやってみて下さいね♪

 

 

最後に

今回はピラティスを中心に紹介しましたが、ヨガなどボディワークはいくつもの種類があるので、自分が実施する上での目的や実施中に自分の体にあってるのかを探りながら自分だけのボディワークを見つけ出せればと思います。

 

生きて行く上で健康でいたいと思う方は、この記事を読んで何か見つけ出せればと思います(^▽^)/

最近は、ピラティススタジオも多いので探してみて下さいね~

じゃあ、( ´Д`)ノ~バイバイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください