コミュニティ作りについて

どうも!キッシーです!

 

突然ですが、皆さんの周りには協力し合える仲間はいますか?

 

何故こんな事を聞くかというと・・・
ネット社会の今のご時世、コミュニティの重要性が高まっています。

今までは核家族化などで昔ほどのコミュニティを築く事が減ってきていましたが、ネットが普及したことによりコミュニティの重要性が再認識されてきました。

 

何故、コミュニティが重要なのか?オンラインサロンを始めるにはどうしたら良いのか?
コミュニティ作りに関与し、オンラインサロンにも入っている私が感じた事や学んだ事をお伝えしていきます!

 

オンラインサロンがブーム!

最近、よく耳にする“オンラインサロン”
有名どころでいえ

  1. キンコン西野のオンライン
  2. るってぃ&あんちゃのヤるサロン
  3. 堀江貴文イノベーション大学校

など色んな分野の方々が運営しています。

そもそもオンラインサロンって?

キッカケは2014年に始まった堀江貴文のサロン以降、急速に利用者が増えてきています。

Wikipediaにはこのように記載されています
“月額会費制のWeb上で展開されるコミュニティ(クローズド)の総称である” 

お金払って秘密のグループでチャットをする感じですね

 

私も“Free PT salon”というセラピストの為のオンラインサロンに所属しています。
そこでは色んな情報が飛び交い、とても刺激的なグループ環境です。

 

オンラインサロンが流行っている理由

何故、周りでこんなにもオンラインサロンが流行っているのか・・・

3つの考察とその理由をお伝えします。

1、世の中の便利化とネットコミュニティの普及

便利なものが色々と普及し、1人で何でも出来るようになったのとSNSの普及で直接触れ合う機会が減り、孤立化が進みました。

また、移動しなくても全世界の人と繋がる事が出来るようになり、コミュニケーション方法の効率化が確立されつつある為だと思います。

2、生きがいを見つけたい

昔は物があまりなく、損得を重要視し、「立派な会社に勤め、家族を養う事が素晴らしい事だ!」という資本主義経済の考えが強い時代でした。

それが今は豊かな世の中になり、幸不幸で物事を考える人が増えて共感経済へと変換しつつあります。最近、本屋さんでも自己啓発系が人気なのも理由の一つです。

3、時間に追われる日々

物が豊かになりましたが、日本人は朝から晩まで働き詰めな人が多いです。仕事が終わっても家の事をしなければならなかったりと時間に余裕がない人がほとんどだと思います。

ネット上であれば24時間365日いつでもどこでもコミュニケーションが出来るため、オンラインサロンは社会人にとって便利なサービスなんですよね。

 

コミュニティのメリットとデメリット

コミュニティも種類によっては良い部分と悪い部分がありますので、用途に応じて上手く使い分ける事が大事かな?と思います。

完璧な手段はないので、複数の方法を上手く使えばコミュニティ作りがより加速していきます!

 

コミュニティの作り方

特別な方法はないです。

コミュニティビルダーとして活躍している柴田さんや、最近話題の箕輪厚介さんなど、コミュニティで活躍している方々から聞いて自分なりにまとめた結果がこれです。

  • 熱狂の継続
  • 思いっきり楽しめ
  • 自分の居場所を作る

 

熱狂の継続

コミュニティビルダーの柴田さんによると、

「ビジョンを掲げて突き進む」

「常に何かに熱狂し続ける」

周りはこの様子を見てると、自身も共有したいと思い中に入ってくる。

これがコミュニティが生まれるきっかけになるそうです。

 

思いっきり楽しむ

熱狂の継続に似ていますが、とにかく楽しむ!これは箕輪さんが言ってた事で

【死ぬこと以外かすり傷】にも記載している内容でした。

人は、稼ぐことよりも共感を大事にしている時代であり、心を動かせる事が出来ればコミュニティは生まれるという考えです!

 

自分の居場所を作る

コミュニティを作るうえで最も大事な事だと考えています。

コミュニティが生まれても本音がなく、上辺だけの付き合いだと何も生まれないし、居心地は最悪なだけ

本音で言い合えるからこそ、熱が生まれて活動が活発になり、本当に信頼し合える仲間が出来るわけなんですね(^▽^)

その為にはまず自分が丸裸になる事が重要と箕輪さんは言っていました。

 

流行りを上手く使っちゃえ!

何からしたら良いか分からない場合は、まず流行りに乗っかること

 

そうすれば共感し合える人はすぐに見つかり、何かのきっかけになるはず。

 

でも、最先端過ぎて分らない…

という人はとにかく触れてみる事が大事

どんな思考で流行りになっているのか、最先端の思考回路やニーズを少しでも理解する事で自身の活動に大きな変化を生み出すわけです。

 

最後に

コミュニティ作りについて色んな人の話を聞いて、自身もコミュニティに入って感じた事や学んだ事を整理する意味で記事にしてみました。

想いとは言葉にするのは難しいけど、とにかく何かをやりたいと思う時には周りから信頼を得られることを日々やっていく事が大事だと思う。

 

独りよがりで、ただ言うだけならば活動しても、信頼関係は生まれない。

自分をさらけ出して、想いやビジョンを常に情報発信していけばコミュニティは生まれるはず!

 

その為にも「何をしたいのか?何ができるのか?何を助けて欲しいのか?」などを明確にしていく事が何かをする第一歩だと思います。

私自身も肝に銘じて、これからを生きていこうと思います。

 

 

今日はこれで( ´Д`)ノ~バイバイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください