クローン病患者が気を付けている外食について

どうも、キッシーです。

 

クローン病を患っている皆さんは、日頃の食事に関して常に気を付けているかと思います。

でも、クローン病患者は若い方に多い病気・・・

 

若いと仕事・友人・彼女など色んな人と食事をしにいく機会がとても多いかと思いますし、私もその内の一人です。

特にクローン病になってまだ間もない人にとっては、外食をどうしたら良いのか分からないかと思います・・・

 

結論から言うと「メリハリ!」が大事です。

その具体的な理由を私自身が気を付けていることや、どこまで制限して人付き合いの為の外食に出ているのか、経験を踏まえて外食するにあたってのポイントをお伝えしますね♪

 

和食系はアタリ

これは間違いない。基本的に日本食は「醤油・味噌・塩」などで味付けしていき、あまり油を使わない料理が多いです。

「煮込み料理」なんかが代表例ですね(^▽^)

お寿司は生ものなので食中毒などには気を付けなければなりませんが、工夫次第ではかなり脂質を抑えながら食事は可能です。

 

個人的に和食系でよく通うのが、「やよい軒・まいどおおきに食堂・四六時中」などが多いですね。もちろんくら寿司やスシローも行きますが・・・

 

食物繊維のとりすぎも良くはないらしいですが、比較的に他の外食チェーン店に比べると安心して食べれるかと思いますよ♪

 

うどん最強説

調子が悪いけど、用事で外出してるし、食べないと身が持たない・・・

和食と言っても、魚や野菜も消化が良いのは少ない・・・どうしよ・・・

 

という時に私が食すのは「うどん!」

風邪をひいたとき、お腹を壊したときに消化が良いとされている料理の代表がうどん

今はうどん屋さんも増えているので、「素うどん」を外で食べるのも可能です。

 

私は大阪在住なので、そこら中にうどん屋はあります(笑)

うどん屋がなくても最近は、コンビニで惣菜コーナーに生めんのうどんはありますね。

ノンフライめんタイプもたまに置いてあるので、私はそれをチョイスする時もあります。

もったいないですが、具を避けながら食べれば問題ない!(^▽^)

 

実際に私はうどん屋をよく利用しますし、サラッと食べれるんで楽なんですよね~

 

onlyよりもvarious(色々)

外食する料理店は様々あります

  • 和食系(蕎麦屋、寿司屋、うどん屋、定食屋など)
  • 洋食系(イタリアン、フレンチなど)
  • 中華系
  • ジャンクフード(ハンバーガー、フライドチキンなど)

適当に挙げるだけでもこんなけあり、細かく分ければ更にもっとあります。

 

となると、中華系は基本的に油を大量に使う料理が多く、洋食系もバターやクリームなどの乳製品を多く使います。

ましてはジャンクフードなんか私たちにとっては危険な食べ物ですよ(笑)

 

でも、友達とか周りの人はガッツリ系が食べたいんだろなぁ~とか思って気を遣ってしまいませんか?

逆にクローン病を患っている友人・恋人との食事はどこが良いだろうか?と悩んでいませんか?

 

それなら選んで欲しいのが、何でも揃う系のお店!

チェーン店の居酒屋

ファミレス

フードコート

バイキング(韓国フェアなど一つのジャンルしかないバイキングは✖)

このあたりが良いかなぁ~って思います。

そうすれば、クローン病持ちの人は自分に合ったメニューを選べるはずですし、そうでない人は好きなものを食べれます。

ただ目の前で食べたくても食べる事の出来ない料理を食べられると辛いかもしれませんが、そこは関係の深さによって違うかと思うので言及はしませんが(;^ω^)

 

でも、食べる時に選べる幅が広がるので私はよく利用します。(やよい軒やまいどおおきに食堂も何でも揃う系に入るのでめっちゃ利用します)

 

時にはセーブを外せ!

家でも食事に気を遣い、旅行やデートなどで外に出ても食事に気を遣う・・・

常に気にかけながら食事をするのはしんどくないですか?

 

楽しい食事のはずが楽しめない、欲が満たされない

逆にストレスが溜まって胃腸に負担をかけてしまう・・・

 

何のために食事制限をしているのか意味分からなくなりませんか?

調子が良い時ぐらいは、セーブを少し外して食べたかった物を少し食べるぐらいは良いかと思います!

(無論、調子が悪いのに肉や揚げ物・辛い物を食べてはいけませんね)

 

私はラーメンが大大大好きなので、調子が良ければちょいちょい食べます(笑)

こんな感じで♪

我慢のし過ぎも良くないですよ♪

気楽に生きましょー!

 

最後に

よく、家庭内の食事については書いてて外食については脂質の少ない物としか記載がなく、具体的にどんなお店が良いのか載ってない事もありました。
自分で試行錯誤しながら、個人的に感じた外食のコツをお伝えしました。
調子が良いからと言って、むやみに食べていると増悪期に入ってしまい、お粥生活へまっしぐらです・・・
自分をコントロールするのは簡単そうで簡単ではないので、自分としっかり向き合い楽しい生活を送ってください。
クローン病だからといって外食が全く出来ない訳じゃないです!
直ぐには悲観的にならず、この記事が一つの参考になればと思います(^▽^)
今日はこれで( ´Д`)ノ~バイバイ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください