クローン病の治療法

どうも!キッシーです!(^▽^)

 

今日は持病でもある「クローン病」ついて書こうかぁ~と思い立ち、記事にしてみました。

「クローン病」になってもうすぐ3年目に突入する私ですが、主治医の先生のおかげで元気よく楽しく過ごせています♪

 

今回、クローン病になったばっかりの人や、大切な人がクローン病になっているので心配に感じている人などに向けて

どんな治療をしているのかを知ってもらいたいです!

「クローン病」って何なのか?知らない人はこちらの記事をどうぞ。

 

様々な治療法

大きく分けて

  1. 薬物療法
  2. 栄養療法
  3. 外科治療

の3つに分かれます。

クローン病は再燃期寛解期の繰り返しが起きるので、その時の状態によって治療法が変わってきます。

 

現在、私は薬物療法と栄養療法の2つを継続しています。

私の場合は症状自体は軽い方なので、この2つで寛解期を維持しています。

 

次からは、各治療法の詳細をお伝えしていきますね♪

 

薬物療法

薬物療法の中でもさらに細かく種類が分けられます。

  1. 5‐ASA製剤(5アミノサリチル酸)
  2. 副腎皮質ステロイド
  3. 免疫調節剤
  4. 抗TNFα抗体製剤

の4種類です。専門用語過ぎて分らんぞ!と思うので、分かりやすく説明しますね…(;’∀’)

 

5‐ASA製剤(5アミノサリチル酸)

【主な薬】

メサラジン、サラゾスルファピリジン

【作用】

病気が起きている腸の部分に直接薬が作用して炎症を抑える薬

【特徴】

主に軽度~中等度の炎症に用いられることが多い

補足
メサラジン小腸と大腸の炎症に作用する薬

サラゾスルファピリジン大腸の炎症に作用する薬

 

私は、メサラジンの中でもペンタサという薬を服用しています。(小腸・大腸型のクローン病なので・・・)

 

副腎皮質ステロイド

【主な薬】

プレドニンなど

【作用】

強力な炎症抑制剤で関節リウマチやアレルギー疾患にも用いられます。

【特徴】

先ほどの薬では抑えられないほどの炎症の場合に用いります。(メサラジンの強化版)

副作用が強いので、長期の使用は避けられています

副作用に関しては、こちらの記事を参考にして下さい。

 

免疫調節剤

【主な薬】

アザチオプリン、6メルカプトプリンなど

【作用】

身体の過剰な免疫反応を調節する薬で即効性はない

【特徴】

ステロイドの減量や離脱を必要とする場合に用いる

 

抗TNFα抗体製剤

【主な薬】

インフリキシマブ(レミケード)

【作用】

クローン病の炎症に直接関与しているTNFαという物質へ向けて中和させる薬剤

TNFαを産生させる細胞に対しても効果があり、産生を抑制できます

【特徴】

他の治療法では改善できないクローン病患者に対して高い改善効果があります

 

クローン病患者にとっては素晴らしい薬ですが、良いことばかりではなく

それなりに副作用の問題や非常に高価な薬剤なので主治医との相談が必要です。

ちなみに薬1本約10万円らしい(笑)

 

そんな薬剤ですが、私はレミケードを2か月に1回1時間半程度の点滴投与をしてもらっています(もちろん国の補助で割引してもらってます)。

 

 

 

←こんな感じで気楽に音楽や読書をしながら点滴してます♪

 

 

他にも種類は違いますが、皮下注射で2週間に1回の頻度で投与する「ヒュミラ」という薬なども存在します。

 

栄養療法

炎症を起こし、胃腸の状態が良くない場合にも食事をとらないといけないが食べれない…

そんな場合に栄養を摂取する為の治療法です。

・中心静脈栄養

・経腸栄養

の2つが主な栄養療法の方法です。

 

中心静脈栄養

心臓に近い静脈血管から点滴で栄養を送る方法。

食べられない期間が1週間以上あるなど、栄養状態がかなり悪い場合に行います。

 

経腸栄養

胃や腸に直接栄養のある液体を流し込む方法

胃瘻をしている人に行っている方法で自分で食べる事が出来ない人に行う方法

 

しかし、クローン病の方は経腸栄養で利用する粉末とフレーバーを水で溶かして飲む方法があります。

(私はやせ型なんで太りたい!という理由で主治医にお願いしてエレンタールを処方してもらっています。)

フレーバーは味付けの元です、リンゴやオレンジなど色々ありますが、個人的にはグレープフルーツがおすすめです(笑)

 

外科治療

基本的には内科的治療(薬物療法など)で炎症コントロールをします。

しかし、胃腸に異常があって手術が必要な場合もあります。

 

クローン病発症から約5年で約30%約10年で約70%の患者さんは何らかの手術をしています。

私は、クローン病になる前に「痔瘻」になっており、日帰り手術を受けています。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

クローン病は根本的な治療法はありませんが、様々な対処療法があります。

 

主治医と相談しながら治療法の選択は色々と出来るはずだと思いますし

食事療法で薬に頼らない生き方も出来るはずです。

 

クローン病と診断された方は様々な冊子を貰えますが、病気になっていない方は全く知らないと思います。

友人や親せきにクローン病になった人がいれば、少しでも知ってもらう為に簡単な記事を作りました。

 

クローン病について知りたい方や食事について知りたい方はこちらのリンクからどうぞ

クローン病って?

クローン病患者が伝える食事について

 

お互いのことをよく知って楽しく人生を謳歌しましょ!

今日はこれで( ´Д`)ノ~バイバイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください